1.シリコンラバーヒーターは従来の金属に代わる柔軟性のある薄形の面状発熱体です。

 
・上下2枚のガラスクロスにシリコンゴムをカレンダー加工した薄い2枚のシートで構成されています。
 
・薄いシート状ですので、熱応答性に優れています。(標準厚さ1.5mm)
 
・柔軟性に優れていますので、曲面、円筒などに巻きつけるなど被加熱物に完全にフィットさせることができます。
 
・一般的な面状発熱体はカーボンが主成分ですが、弊社が取り扱っているシリコンラバーはニッケル合金抵抗線をパターン化していますので、安心してお使い頂けます。
 

2.ヒーターの形状が自由に製作できます。

・一般的なカーボンタイプと異なり、ニッケル合金抵抗体のパターン設計の為、非加熱物の形状に合わせて丸形、三角形、穴開きなど自由に製作できます。

・独特な製造方法のため、1枚からでも短納期で対応できます。

3.発想を変えた熱の感覚で設計できます。新製品の開発にお役立て下さい。
 
・あらゆる業界に機器部品として、あるいは設備用としてご使用頂いております。
 
・薄いシート状で柔軟性があるので軽量化、小型化が可能になります。
 
※ 昇温が早く自己温度制御がありません。必ずヒーター温度制御を行って下さい。

4.標準タイプ、Eタイプ、MGタイプ(マグネット)は、連続200℃で半永久的に使用できます。
 
・被加熱物に簡単に接着できます。
 
・100℃以下のとき・・・両面接着テープ

 
・100℃~150℃のとき・・・シリコン接着剤(RTV)
 
・150℃以上での連続使用では、被加熱物への一体焼付加工をお勧めします。

5.Hタイプ(耐熱)では最高300℃で使用できます。
 
・接着には300℃耐熱接着剤、KE3418RTV(B)信越化学製を在庫しています。


■ 用途

 
タンクパイプの保温、油タンク・ポンプの凍結防止、モーター・発電機の防湿、紙・プラスチックのヒートシール・ラミネート機・ディスペンサー・接着剤の硬化、食品自動販売機、保温板、歯科機械、美容機器、病院の検査台、移動食器車、理化学機器、ホットプレート、各種寒冷地測定機械の凍結防止・保温、金属の溶接予熱装置 、熱収縮チューブの加熱、パラボラアンテナ凍結防止、洋服プレス・合板プレスの熱板、ミサイル、航空機器の保温、航空宇宙分野、暖房機、バーナー気化装置、セメント凍結防止、ヒーターマット、ヒーターブランケット、CFRPの加工用。